世の中の変化に伴いグローバル化による食文化は姿を変えて私達の食生活を
より豊かに楽しませてくれます。
それに伴い食品製造に携わる私達は、安全安心・彩り・風味・食感など、
より高度な技術力を求められている時代になりました。
私たち神戸化成は、食品メーカー皆様のサポート役となり、多様な天然食品添
加物、食品素材の開発を提供して人々に安全・安心・健康的な食品分野の発展
に貢献してまいります。

私たち神戸化成は、天然着色料を中心に迅速な
対応と真摯な対応を心がけてまいりました。
お客様のご要望・期待にお応えした商品を提供・
研究体制と厳しい品質管理体制にてお客様の期
待に応えるべく、私たち神戸化成は、創造・提案・
開発型企業を目指し常にチャレンジし続けます。


(1)食添GMP(Good Manufacturingu Practice)とは
「食品添加物の製造管理及び品質管理に関する自主基準」である

・常に均質な管理を行うための手法(ソフト)について定めたもの。


(2)目的
この自主基準は、「食品添加物の製造管理及び品質管理」についての基準を示し、
食品添加物の品質を確保することを目的とする。(第1章 総則 第1条)

・食品の安全について事業者は重大な責任を有する。

・食品業界でも総合衛生管理製造過程(HACCP)の導入を始めとして
品質確保への対応が高度化されてきている。

・食品添加物に関しては、品質確保の方法について各社各様の管理手段で
行われてきたが、業界として統一的な管理基準を定めるため本基準を制定した。

・食品添加物は消費者の日々の食に深い関わりを持つものであるから、
その品質に対する信頼を損なうものであってはならない。


(3)基本的な考え方
食品添加物の製造管理や品質管理に最低限必要な要素として「食添GMP」には
下記の9つの考え方が盛り込まれている。

①製造業者がリーダーシップをとる。
②組織と管理責任者を設定する。
③製品の品質情報を一元化する。
④管理のためのルールブックを作成する。
⑤品質上の異常が発生した場合の対応を決めておく。
⑥GMPの運用状況を自ら点検する。
⑦従業員教育を実施する。
⑧記録を作成する。
⑨文書や記録を管理する。


2003年11月に設立したKEMS審査登録制度の運営団体であり行政、事業所団
体、企業等で構成されています。
また、国際的な環境マネジメントシステムIS014001よリシンプルで取り組みやすい
システムとして神戸市、兵庫県、地元経済団体、地元企業の協働で開発されたものです。


(1)目的
・各組織の「環境問題」への関心を高め、環境保全の取り組みを効果的、効率的かつ日常的に
進めていただきます。
・各組織は、その取り組みによつて環境負荷の低減と併せて、コスト削減等経済的効果を生み出していきます。
・より多くの組織に参画いただき、環境保全の取り組みを神戸市全域に広げていきます。

(2)仕組み
KEMSは事業活動によって生じる環境への負荷を低減し、継続的に環境を改善していく
ための仕組みです。

仕事と生活の調和の実現により、男女がともに意欲と能力を十分に発揮できるようにすること、企業においては、それを多様な人材の確保や生産性の向上につなげ、さらには地域の活性化にもつなげていくことが求められています。 神戸化成では、皆様が十分に能力を発揮頂けるよう、また、企業において生産性の向上を目指す為に、「ひょうご仕事と生活の調和推進宣言」の要綱に基づき、取り組んでまいります。

>>「仕事と生活の調和」(ワークライフバランス)の実現

育児や介護、疲労回復や自己啓発の時間を確保しつつ、仕事に意欲を持って取り組み、安心して働きつづけたいと考える多様な人材に対し、柔軟で多様な働き方を提供したり、時間効率を高める取り組みや職場風土づくり等を行ったりする重要な人材活用の基本理念です。