Technology

  1. ホーム
  2. 技術情報
  3. 開発コラム
  4. 紅芋・巨峰・ブルーベリー・あずきなど 紫色着色、補色に!

27th May 2020

開発コラム

紅芋・巨峰・ブルーベリー・あずきなど 紫色着色、補色に!

ひとつの製品で紫色に

紅イモ、ワイン、ブルーベリー、巨峰、ブルーンなどのイメージで、食品をバイオレット(紫色)に着色したいというご依頼を多くいただきます。

また、ハロウィン企画でも多くの紫色のご採用をいただきます。

 

今回は『クチナシ赤色素』と『クチナシ青色素』を混合調整することで、ひとつの製品で   紫色に着色できる着色料である

『KCバイオレット KL-14』(赤紫)『KCバイオレットKL-15』(青紫)をご紹介します。

 

左:紅イモイメージ マカロン (KCバイオレット KL-14 対粉1.2%添加)

右:ブルーベリーイメージ マカロン(KCバイオレット KL-15 対粉1.2%添加)

 

クチナシ色素一括表示が可能

従来製品として 『KCバイオレット NO,3』(赤紫)『KCバイオレットNO,5』(青紫)もございますが、『ラック色素』と『クチナシ青色素』の混合調整の為、一部のユーザー様より一括表示ができる製剤開発の依頼があり今回の製品になりました。

両品とも「クチナシ色素」、「着色料(クチナシ)」の一括表示が可能です。

本製剤の『クチナシ赤色素』は別コラムでご紹介させていただいている、『KCレッドKL-7』を原料処方しており完成度の高い製品になっております。

クチナシ赤色素 KCレッド KL-7

 

バイオレットやグリーンといった混合色を調整する際、ユーザー様によっては赤色、青色などの単色毎に計量室で調合されているケースもあるかと思われますが、

特にバイオレットの色合いの場合では、食品イメージにより、「赤っぽい紫」「青っぽい紫」など微妙な色調バランスとなっていて、少しの計量ブレや、着色料のロット差異が響くために、調整に苦慮しているというお声を多く聴きます。

 

弊社の「バイオレット」製剤であれば色調バランスが既に調整されていますので、色調調整に悩むことなく安定した品質が保てると、ご評価いただいております。

神戸化成の『KCバイオレット KL-14』『KCバイオレット KL-15』

を是非ご試験してみて下さい。

 

⇒製品情報「バイオレット系色素」

お問い合わせはこちらから

この記事に関する品目

関連記事

Contact

お問い合わせ

当社製品へのご質問・ご依頼など、些細なことでも
ご遠慮なくお問い合わせください。
担当者より早々に対応いたします。

White Paper

着色料パーフェクトブック

当社がお客様に対して実施している着色料勉強会(約2時間)
【プレゼン資料65ページ】【着色見本イメージ6種】が
無料でダウンロード可能です。
是非デスクトップに保存して日々の商品開発業務にご活用下さい。