Our Items

  1. ホーム
  2. 営業品目
  3. 物性改良剤
  4. グルコノデルタラクトン

物性改良剤

グルコノデルタラクトン

グルコースの1位のヒドロキシル基がケトンに置き換わったラクトンの一種です。豆腐、チーズ製造時の凝固剤や酸味料、pH調整剤、パン菓子類の膨張剤の酸源として利用されます。水に溶解させた場合、GDLから徐々にグルコン酸に変化するため、食品中での酸による反応が緩やかになり、充填豆腐などが作りやすくなります。また、最終食品への味質に影響を与えずにpHの調整が可能です。

一般名 グルコノデルタラクトン
性状
  • 水性液体
  • 水性粉末
  • 油性液体
特性
  • 耐光性
  • 耐熱性
  • 耐酸性
用途 水産加工品漬物畜肉加工品
荷姿 25kg

この品目に関する記事

関連品目

Contact

お問い合わせ

当社製品へのご質問・ご依頼など、些細なことでも
ご遠慮なくお問い合わせください。
担当者より早々に対応いたします。

White Paper

着色料パーフェクトブック

当社がお客様に対して実施している着色料勉強会(約2時間)
【プレゼン資料65ページ】【着色見本イメージ6種】が
無料でダウンロード可能です。
是非デスクトップに保存して日々の商品開発業務にご活用下さい。