Technology

  1. ホーム
  2. 技術情報

技術情報

  • 基礎講座

    2021.4.14

    着色料の基礎講座④~添加物製剤とは~

    着色料をはじめ食品添加物の製品は単独の物質だけではなく複数の物質で構成されることが多いです。 このような複数の添加物からなる製品を「製剤」…

  • 基礎講座

    2021.3.1

    着色料の基礎講座③~色価・色調~

    今回ご紹介する内容は、着色料における「色価」と「色調」についてです。 人が色を識別しているメカニズムについて 人間の目は、波長3…

  • 基礎講座

    2021.2.24

    着色料の基礎講座②~天然着色料とは~

    天然着色料について法的な定義、規格基準、製法、分類をご紹介いたします。 天然着色料の定義とは ●天然添加物とは 1947年に制定さ…

  • 基礎講座

    2021.2.1

    着色料の基礎知識①~なぜ着色料は使われるのか?~

    そもそも着色料はなぜ使われるのでしょうか。今回は着色料の基礎知識として着色料の意義を3つの役割に分けてまとめさせていただきました。 文化的…

  • 着色料各論

    2021.1.31

    色素各論 アントシアニン系色素

    「アントシアニン」という言葉を聞いたことがある人は多いのではないのでしょうか。 アントシアニンは、ブドウや茄子、アカキャベツやブルーベリー…

  • 着色料各論

    2021.1.30

    色素各論 アカビート色素

    ビートは料理によく用いられており、有名なのはテーブルビートを用いたロシア料理の「ボルシチ」です。その他にもピクルスなどの漬物やワインの着色に…

  • 着色料各論

    2021.1.29

    色素各論 クチナシ赤色素

    クチナシの果実の抽出物に酵素処理等を行うことで黄・青のほかに赤色成分を得ることができます。そのようにして得られたクチナシ赤色素は、ほかの赤色…

  • 着色料各論

    2021.1.28

    色素各論 ベニコウジ色素

    紅麹は、中国台湾などで古くから伝統的な固体培養法(米などの穀物に紅麴菌を繁殖させて製造する方法)により製造され、酒類醸造、着色・着香料、薬膳…

  • 着色料各論

    2021.1.27

    色素各論 コチニール色素

    コチニール色素は古くから染料として使われており、現在では菓子類、飲料、水産・畜肉加工肉など幅広い食品に利用されております。動物性の色素なので…

  • 着色料各論

    2021.1.26

    色素各論 ラック色素

    ラック色素はコチニール色素と同様に動物性の色素なので敬遠されがちですが、耐熱性、耐光性に非常に優れており、要加熱食品や店頭に並べ光があたる食…

  • 着色料各論

    2021.1.25

    色素各論 アナトー色素

    お仕事帰りやお風呂上りにおいしいお酒と合わせて食べたいのが、おつまみです。おつまみには「チーズ」や「キムチ」、「スナック菓子」等ありますが、…

  • 着色料各論

    2021.1.24

    色素各論 トウガラシ色素

    「トウガラシ」はその名から連想される通り「辛い」というイメージを表現するのに使われています。しかし、「トウガラシ色素」は辛みを持っているわけ…

  • 着色料各論

    2021.1.23

    色素各論 カロチン色素

    カロチノイド色素(カロテノイド色素)に分類されるカロチン色素(カロテン色素)は、生体内でビタミンAの前駆体であるプロビタミンAとして働くこと…

  • 着色料各論

    2021.1.22

    色素各論 クチナシ黄色素

    「クチナシ」と言われると馴染みのないもののように感じますが、実は日本では古くから利用されています。その代表として挙げられるのが栗きんとんです…

  • 着色料各論

    2021.1.21

    色素各論 ベニバナ黄色素

    ベニバナは日本でも比較的よく知られている植物の一種であり、花は黄色から赤色に変化してから摘み取ることから、末摘花とも言われています。花は生薬…

  • 着色料各論

    2021.1.20

    色素各論 マリーゴールド色素

    マリーゴールドと聞くと可憐な黄色い花を思い浮かべるのではないでしょうか。そのイメージ通りマリーゴールド色素は鮮やかな黄色を呈します。鮮明な黄…

  • 着色料各論

    2021.1.19

    色素各論 リボフラビン

    リボフラビンはビタミンB2とも呼ばれ、着色料としての用途より栄養強化としての用途のほうが有名ではないでしょうか。リボフラビンが欠乏すると、口…

  • 着色料各論

    2021.1.18

    色素各論 クチナシ青色素

    クチナシの果実の抽出物に酵素処理等を行うことで、黄色・赤色のほかに青色を得ることができます。青色の天然着色料は、クチナシ青色素のほかにスピル…

Contact お問い合わせ

当社製品へのご質問・ご依頼など、些細なことでも
ご遠慮なくお問い合わせください。
担当者より早々に対応いたします。

着色料パーフェクトブック

当社がお客様に対して実施している着色料勉強会(約2時間)
プレゼン資料49ページ、着色見本イメージ5種が無料でダウンロード可能です。